×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  コーヒー語り»  ピーチ&ライチという豆について

ピーチ&ライチという豆について

ピーチ&ライチという豆について

販売開始から約1ヶ月経過、高いけど美味い、他と一線を画する豆です。


名前からして「これコーヒーなの?」と聞かれることも多いのですが、コーヒーです。ピーチ&ライチは香りからとってます。





収穫されたコーヒ―チェリーはそのまま種(以下コーヒー豆、豆)を取り出されるのではなく、ある過程を経た後で豆が取り出されます。


この過程を精製と言い、上記の写真は「ナチュラル(非水洗式)」と呼ばれる過程の一枚です。収穫したチェリーを天日乾燥させ、その後実から豆を取り出す昔ながらのやり方です。


この過程は水資源に乏しい国でもできるというメリットもありますが、逆に水(大雨)に悩まされるインドネシアでは「スマトラ式」という
独特の方で精製されていますし、水をふんだんに使う「ウォッシュド(水洗式)」やナチュラルとウォッシュドの中間である「フリイウォッシュド」なんてのもあります。


前置きが長くなりましたが、今回ご紹介する「ピーチ&ライチspecial」は、コロンビアでウォッシュド精製により生み出された豆です。


他と一線を画す理由は、その特殊な精製方法にあります。それが「ダブルアナエロビック・ファーメンテーション」という長い名前のものです。


下線部が大事なのですが、「アナエロビック」とは日本語で書くと「嫌気性発酵」、といいます。

チェリーから種を取り出す過程の多くで「発酵」という手段が用いられていますが、「嫌気性」とは「酸素に触れさせない」という意味です。


これにダブルがかかっていますので、「二回も嫌気性発酵させましたよ」ということになります。ということは逆に、それだけ手間暇に金かけて作ってますよ、ともいえるのです。

これにより生み出される香りが「桃やライチ」という他とは一線を画すもので、お値段も同じく…なんですね。

より美味しく素晴らしいコーヒーを、という農園側の懸命な姿勢がうかがえます。


たまに聞かれるのが「インフューズドコーヒー」との違いですが、これは全く違います。

インフューズは英語でinfuse、注入するという意味です。なので直訳すると「注入されたコーヒー」となります。


何を注入するの?という話ですが、これは主に苺やパイナップル、パッションフルーツなどの果物やシナモンといったスパイス、
他にハーブなんかも?という話を聞いたことがあります。


発酵の過程にこれらを一緒に詰めることで、コーヒーに「別の何かの風味」を注入したものがインフューズドなのでこれも当然

これまでの一般的なコーヒーとは一線を画す風味ですが、コーヒーでないものを注入することについて賛否両論あるそうです。

一種の流行りみたいなものなので、数年後まだあるかどうかは分からないですね。


というわけで、高いが美味い!他のコーヒーと一線を画す純コーヒー「ピーチ&ライチspecial」のご紹介でした。

ご購入はこちらからどうぞ!
コロンビア ピーチ&ライチ special ダブルアナエロビック 200g

 

2023-08-22 11:32:44

コーヒー語り   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

お問い合わせ

お問い合わせ先
焙煎香房・古具 庵
(バイセンコウボウ・コグ イオリ)

TEL 0887-52-8063

営業時間
月・水・木曜日 10:00~15:00(L.O.14:30)
火曜日 10:00~17:00(L.O.16:30)
土・日曜日、祝日 9:00~17:00(L.O.16:30)
定休日 金曜日

お問い合わせフォーム