×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

コーヒーはダイエット食品?




最近
「ダイエットにコーヒーが効果的」という話を聞くことがあります。


ダイエットはつまるところ贅肉を落とすこと、つまり
「余計な脂肪を落とすこと」が目的です。


最近コーヒーに含まれるある成分が運動や代謝による
「脂肪燃焼をより高める」働きがあることが分かりました。


飲むだけで痩せませんが、代謝を高めたり運動を組み合わせることで、コーヒーはダイエットに効果的である

ということができるでしょう。



では具体的にその成分とは何か?どういったコーヒーがこの成分を効率よく摂取できるか?


今回はこのことについて詳しく触れていきましょう。


要点は以下の3つです。


〇コーヒーに含まれるダイエット効果のある成分とは

〇浅煎りと深煎り、ダイエットに効果的なのはどっち?

〇ホットとアイス、ダイエットにより効果的なのはどっち?



それぞれの項目につながりがありますので、ぜひ最後まで一読ください。





コーヒーに含まれるダイエット効果のある成分とは


コーヒーには様々な成分が含まれていますが、美容関係で特に注目される成分は


カフェイン と クロロゲン酸


この2つです。カフェインは眠気覚ましでもおなじみの成分ですが、クロロゲン酸は聞いたことがないという方も

多いかもしれません。


実はワインなどでおなじみポリフェノールは、クロロゲン酸の一種だったりします。


この2つのうち、ダイエットに関わる物資はズバリ!
カフェインです。


最近の研究で、脂肪燃焼にカフェインが貢献することが明らかになりました。


(引用)
https://www.businessinsider.jp/post-232381

(本文抜粋)
朝の一杯のコーヒーがあなたの体を目覚めさせ、新陳代謝を活発にする可能性があることを、新たな研究結果が示唆している。
2021年1月7日付のオープンアクセスジャーナル「International Society of Sports Nutrition誌」に掲載された研究論文に、カフェインが運動中の脂肪燃焼能力を高めることが示されている。
スペインのグラナダ大学の研究者らは、25歳から39歳の健康で運動能力の高い男性15人を対象に実験を行った。

被験者はプラセボ(偽薬)、あるいはカフェインの粉末を体重1kgあたり3mg摂取してからエクササイズを行った。
その結果、カフェインを摂取した場合は、プラセボを摂取した場合に比べて、11%から13%多くの脂肪を燃焼させることができたという。
そしてこれは、午後よりも代謝がややゆっくりとしている午前中の方が効果が出やすいと考えられている。
(ここまで)



この研究データは非常に興味深いものがあります。


カフェインを摂取してからエクササイズを行った、というところも要チェックです。


端的に言うと、
カフェインが運動による脂肪燃焼効果を高めている、ということですね。





浅煎りと深煎り、ダイエットに効果的なのはどっち?


ここからは上記を踏まえて、カフェインに注目していくことにしましょう。


結論から書くと、深煎りのほうがカフェイン接種量は多くなる傾向にある、といえます。


ただし摂取量と脂肪燃焼効果の相関関係は書かれていませんし、浅煎りだと効果がないとか、そんなことはありません。


普通に一杯のコーヒーを淹れるとき、深煎りの方がカフェイン接種量が自動的に多くなりやすいのです。



どういうことでしょうか?ここから少し数字の世界に入りますので、ゆっくり読み進めていってください。


コーヒー豆のは、一般的に質量で測りますよね?すり切り一杯、10g!とか。


浅煎り、深煎りは焙煎度合いの違いですが、実はコーヒー豆に含まれるカフェインの量は焙煎過程で変化しません。


分かりやすく、1粒のコーヒー豆に10mgのカフェインが含まれる、と仮定しましょう。


この豆を焙煎して、浅煎りにしても深煎りにしても1粒あたりのカフェイン含有量は10mgのまま、変化しません。


ただし、豆全体の質量は焙煎度合いにより違ってきます。焙煎過程において豆に含まれている水分が抜けていくためです。


焙煎が進めば進むほど豆は膨らみ水分は抜けて、深煎りほど抜ける量が多くなり、もとの質量より軽くなっていきます。


…ここまで、大丈夫でしょうか?まとめると



「豆を深く煎るほど水分が抜けて一粒当たりの全体の重さは軽くなるが、カフェイン含有量は変化しない」


ということです。


これを踏まえて、浅煎り・深煎りコーヒーを一杯ずつ淹れてみましょう。




例えば同じ銘柄のブラジルの豆を用意し、浅煎り、深煎りと煎り分けたとしましょう。


さて、浅煎りも深煎りも15gずつ豆を測り取りました。



全体の質量は同じですが、先程の理屈から一粒当たりの重さは深煎りの方が軽くなります。


ということは、同じ15gでも、豆の個数は深煎りの方が多いはずですよね。


一粒当たりのカフェイン含有量は変わらないので、使う豆の数が多いほどカフェイン量は多くなるあ!


コーヒーの種類によって一杯あたりに使用する豆の量を変えているなら話は変わってきますが、

多くの場合一杯あたりに使う豆の量は、浅煎りだろうと深煎りだろうと同じです。


だから、普通に一杯のコーヒーを淹れるとき、深煎りの方がカフェイン接種量が自動的に多くなりやすいと言えるのです。






ホットとアイス、ダイエットにより効果的なのはどっち?


同じコーヒーの場合、ホットで飲んでもアイスで飲んでも同じです。熱いか冷たいかだけの違いですので。


ただ、当店のように喫茶店アイスコーヒー専用の豆は深煎りのしっかりした苦みのある豆を使う傾向にあるため、

先程の理屈でいうと深煎り豆をふんだんに使うアイスコーヒーの方がカフェイン量は多くなるといえます。


また、特に昔ながらのお店はアイス用の豆に「ロブスタ種」という豆をブレンドして焙煎します。


スペシャルティコーヒーは「アラビカ種」という品種で、ロブスタ種より風味がいい傾向にあります。


ただ、カフェイン含有量はロブスタ種の方が多いです。大まかに2~3倍と考えていいでしょう。


ちなみにクロロゲン酸もロブスタ種の方が多く含まれているようですね。


少し前に美肌効果にロブスタコーヒーが紹介されていましたが、これはクロロゲン酸の効能を根拠としているようです。


というわけで、ホットかアイス、どっちが効果的かについては、


使う豆によって結果は異なるが、深煎りの豆、またロブスタを使うアイスコーヒーはカフェイン含有量が多くなる。


ということが言えるでしょう。





長くなってしまいましたが、ここまでいかがでしたでしょうか。


最初の方にも書いたように、カフェインは脂肪を燃焼させるのではなく、脂肪燃焼効果を高める効果があります。


脂肪を燃焼させる運動の代表例が、有酸素運動です。これを穏やかに、長時間持続させてください。


短時間の激しいランニングより、長時間の緩やかなウォーキング、ジョギングがおススメです。


適度な運動と適度なカフェイン接種で、健康的な夏を送りましょう!

2021-06-02 11:57:30

コメント(0)

気温22.5℃が境目





少し古いですが面白い記事を発見しました。


ホットコーヒーとアイスコーヒー、選択の分かれ目は「気温22.5℃」というデータが載っています。
https://weathernews.jp/s/topics/201704/150175/


夏日が25℃以上、真夏日が30℃以上、猛暑日が35℃以上…


私は現在33歳ですが、小学生の頃35℃などという気温は極稀に見なかった気がします。


あの時


「気温40℃とかになったらインフルかかった時とかと同じ気温やろヤバイやん、あはは」


みたいな無邪気な会話をしていたことを思い出しましたが、20年後の現在


「また40℃超えか、もう10年したら気温45℃とか見れるんやない?あはは」


などと話しているんですからおそろしい…まあそれはさておき


今年は長梅雨となりそうですが、気温は着実に上がってきており


お店の方でもアイスコーヒーのオーダーが増えてきました。


昔はロブスタを混ぜた超深煎りの苦いコーヒーをアイスにするのが主流だったようですが、


スペシャルティが台頭している現在、アイスティーを思わせるスッキリテイストのアイスコーヒーを提供しているお店も


増えてきました。


こういった趣向に正解も不正解もありませんが、いずれにせよ共通することは


アイスコーヒーを作るときは濃い目に抽出して、多めの氷で急速冷却!


これが美味しいアイスコーヒーのコツです。


あと氷にこだわること!これも盲点になりがちですがとても大事なことです。


気温に応じて美味しいホットとアイスを飲み分けるのも、また楽しみ方の一つではないでしょうか。

2021-05-27 13:30:46

コメント(0)

ケニア

ケニア マサイAA Top


いよいよ生豆の底が付きました。


現在販売している分で終了です。ぜひご検討ください。


さて、次回仕入れ分よりケニアは「レッドマウンテン」というコーヒーに代わります。


ケニアのコーヒーにもいろいろありますが、マサイとレッドマウンテンは割と有名なコーヒーです。


キャラクターは違いますが、私の主観でどちらも「ケニアの中では飲みやすいコーヒー」と言えるのではないかと思います。


レッドマウンテンはマサイと比較するとよりワイルドで、パンチ力が強いコーヒーになりますね。


現在レッドマウンテンはまだ航海の途中でして、予定では夏頃(6月~8月)に入荷予定です。


なんでこんなに不安定化というと、例によってコロナの影響があるからです。


商社から話によると、ケニアの場合今年はまだましなようだが来年あたりから目立って見えてくる可能性がある、とのことです。


本当に、一日も早く終息してほしいものですね。


なお商社の方から併せて、肝心のコーヒーの品質についてコロナの影響を考える必要はない、とも言われています。


現地の様子を実際に見れない以上どこまで信用できるか分かりませんが、ここは全力で信用したいものです。


到着を楽しみに待ちつつ、感染対策はできるだけのことをしていきましょう。

2021-05-27 12:57:46

コメント(0)

【お知らせ】梅雨の焙煎について

前回梅雨の話を書きましたが、本当に梅雨入りしてしまいました。


ご存知のとおり当店は焙煎前に生豆の水洗い、乾燥工程を設けているため、同じ機会を使われている


他店様より生産力が低いです。(物理的にそうなってしまいます)


この梅雨時期が一番厄介であり、雨の日は本当に豆が乾きません。


自然乾燥は厳しいので機械を使って人力で乾かしています。


というわけでさらに生産量が落ちます。


先週までにご注文いただきました分は、明日発送の予定です。


ここしばらく、ご注文をいただいてから発送まで長くて3,4日お時間をいただく場合がございます。


お時間いただきますが丁寧に焙煎しますので、何卒ご容赦ください。

2021-05-17 22:58:46

コメント(0)

ながせ~梅雨~

今日は雨です。天気予報によると、しばらく雨が続くそうです。


常連さんが来られいつもの席に座る際に、こうおっしゃいました。


「こりゃあ、このまま”ながせ”に入るね~」



はて?ながせ、とは?



流せ?(命令形?)


長瀬?(長瀬智也さん?)


調べたところ、どうやら高松の方言で、書き方はそのままひらがなで 「ながせ」


意味は「入梅」とのことでした。また一つ勉強になりました(笑)


お店でお客様と話していると、色々な古い土佐弁を聞く機会があります。



例えば、「ずるうない」



「ずるうない」は、「しんどい」という意味になるそうです。
 


文章で使うと、


「ながせやき、焙煎もずるうないぜ~」(訳;梅雨だから、焙煎もしんどいね~)


こんな感じです。


しかし雨の日は店内のランプが映えるので、


これはこれでまたいいのかな、


と思ったりもするのです。


2021-05-12 11:45:25

コメント(0)

ブレンド新商品



デュオ・クリアビター & デュオ・スイートモカの販売を開始します。


クリアビターはしっとり苦み系、スイートモカは華やか酸味系になります。


ブレンドするとき最初に考えるのは、「何種類の豆を使って、どんな風味を出そうか?」ということです。


デュオとある通りこのブレンドは2種類のコーヒー豆を使っており、つまり最小限のブレンドです。


見方によっては物足りないともとれますが、別の見方をすると、


「互いの風味を無駄なくを引き立てる」


ともとれるのです。



シンプルながら洗練された、上品な風味をお楽しみいただけると嬉しいです。

2021-05-12 10:49:34

コメント(0)

アイスコーヒーの淹れ方




GWを過ぎたあたりから注文数が増加し始めるメニュー、


アイスコーヒー


ですね。


最近は水出しで簡単すっきり!も流行っていますが、


しっかりしたパンチのある美味しいアイスコーヒーは、水出しではできません(物理的に不可能と思います。)


理由は、気が向いたらあれこれ日記に書こうと思います。


一昔前はアイスコーヒーといえば、深煎りのコーヒー豆を使って作るのが主流でしたが、


最近は敢えて浅煎りの豆を使って、アイスティーのようなテイストのものも見かけるようになりました。


私個人は、一昔前のものが古い(現代語でいうオワコン?とでもいうのか)とか、新しいものが間違っている、という見方は

しません。


苦いのが好きなら昔ながらを、苦手ならアイスティーテイストを求めればいいのです。


ただ、美味しく作るコツは共通しています。それは、




1、粉を多めに使って、濃いコーヒーを作る


2、しっかり氷をいれて、急速に冷やす



ということです。単純ですが、重要です。



氷は、淹れたての熱いコーヒーによって溶けてになります。


この水が、コーヒーを薄めます。


氷が溶けても見た目上の変化が少ない(目に見える体積変化が少ない)ので味への影響を意識する機会も少ないと思いますが、


実は溶ける過程でどんどん、最終的にかなり薄まっています。


薄まることを意識して、最初から濃い目に淹れる…そのために、粉をけちらず多めに使うのがコツです。


仮に150gのコーヒー液を抽出したとして、150gの氷で冷やしたとしましょう。


この氷が全て溶けたとしたら、それはコーヒー液に150gの水を注いだ、と全く同じ意味になります。


こう考えると、出来上がったアイスコーヒーがいかに薄められているかが分かりますね。


かといって、氷をケチると今度は中途半端にぬるいコーヒーが出来上がり、アイスコーヒーの醍醐味である、


キリッとした冷たさ


を楽しむことができません。


粉と氷を惜しまずたくさん使い、手際よく美味しく仕上げるのがアイスコーヒーのコツですよ!

2021-05-06 23:22:01

コメント(0)

少し落ち着きました

今年の連休中はいかがお過ごしでしたでしょうか。



facebook、インスタの方で告知しておりましたが、去る5月2日に当店は初の



地元の屋外イベント出店



なるものを経験しまして…




4月末からその準備に追われ、イベント終了後の3日以降は喫茶営業&焙煎で慌ただしく動いておりました。



こういう時にマスクを着けての行動は本当につらいです。息苦しいったらありゃしない…



もちろんいくら息苦しくてもマスクを外すことはありません。



というわけでしばらくサボっていたあれこれ日記もこれからアップしていく予定です。



よろしくお願いします。

2021-05-06 22:28:39

コメント(0)

実験してみましょう!




コーヒーを淹れるとき、私たちお店の人が気を付けていることは


・注ぐお湯の質(浄水器など)

・湯温

・粉の量

・粉の挽き目

・抽出時間


などがあります。


お店によって抽出方法が違う(ネル、ペーパードリップ、サイフォン、フレンチプレスなど)ので、


上記の設定はお店によってバラバラです。


お店にとって「これや!」というパラメータを設定して、お客様にお召し上がりいただいているはずです。


当店はネルドリップを採用していますが、上記のパラメータもデフォルトを設定してあります。


では、
このデフォルトを敢えて破って違うパラメータで淹れると味はどのように変化するのか


例えば粉の挽目を極端に細かくしたり粗くくしたりすると、味にどのような変化が見られるのか?


実際に検証してみて、このカテゴリで皆様にご報告をしていこうと考えています。


まず最初に、最も簡単にいじれる「湯温」について調べていく予定です。


次回の更新を楽しみにお待ちください。

2021-04-25 23:55:20

コメント(0)

筋トレとコーヒー

きっかけは単純でした。


youtubeを見ていると、おススメ動画に懸垂をしているマッチョなイケメンの動画がありました。


カッコええな~そういえば腹のお肉、やばいな~…せや!俺も懸垂しよう!


といってすぐに体が持ち上がるほど甘くありません。最初は数秒ぶら下がるので精一杯。


こらいかん、やっぱり体重落とさんと無理ですわ←今ここ



…というわけで、現在減量中です。コーヒー関係ないやんと思われるかもしれませんが、あとで関係してきます笑


昔と比べていろんな情報や怪しげなサプリメントをインターネットで見るようになりましたが、私がやることは変わりません。



自分が「これくらいなら頑張れる」という食事制限と、運動です。



人間は食べてエネルギーを蓄え、活動してエネルギーを消費するのですから、備蓄を減らし消費を増やせば必然的に痩せます。


最近「これを飲めば一気に痩せるぜ!」みたいな胡散臭いサプリをたまにネットで見かけますが、あんまり信用しない方がいいです。


何度か手を出したことがある経の言うことですから、間違いありません(爆)


さて、突然ですがここからコーヒーの話です。



コーヒーもまた胡散臭い話がたくさん聞かれる分野の一つですね。


セカンドウェーブだサードウェーブだ、スペシャルティコーヒーの産地に品種に精製方法に、これら一つ一つに細かい話がたくさんあって

キリがありません。


焙煎がどうだの抽出方法はこうだの、抽出器具はこれがいい(根拠不明)だの、その先お話も然り。


こうなってしまった理由は簡単で、すごくざっくばらんに言うと単純に業者が儲かるからです。


ああだこうだと様々な理論をもっともらしく構築し、様々な方面からマーケットを刺激する。


それはそれで良い傾向と言えなくもないのですが、消費者の立場に立って考えると、あまり複雑化しすぎると


かえって混乱を招くだけではなかろうか、と個人的には思いますね。


一方でコーヒーは、コーヒーです。乱暴な言い方をすれば高いコーヒーも安いコーヒーも、コーヒーでしかありません。


美味しいコーヒーを手に入れるコツはただ一つです。提供者側が


「丁寧な仕事をしているか」


これだけです。


ここで丁寧とは何か?という疑問にたどり着きますが、これは言葉で書くと非常に長くなってしまいます。


一つ言えるとしたら、「時間をかけることが丁寧ではない」ということです。無駄がないのと雑というのは意味が全く違います。


カメラの世界でも「レンズ沼」なんて言葉があったりしますが、コーヒーも間違いなく「コーヒー沼」があります。


沼に落ちることは、見方によっては良いことかもしれません。ただし、


どうせ沼にはまったのなら、正しい方向にハマっていきたいものですね。


私も皆様に正しいハマり方をお伝えできるよう頑張ってまいります!…この言い方、なんか変ですね。

2021-04-25 23:41:12

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

お問い合わせ

お問い合わせ先
焙煎香房・古具 庵
(バイセンコウボウ・コグ イオリ)

TEL 0887-52-8063

営業時間
月・水・木曜日 10:00~15:00(L.O.14:30)
火曜日 10:00~17:00(L.O.16:30)
土・日曜日、祝日 9:00~17:00(L.O.16:30)
定休日 金曜日

お問い合わせフォーム