×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

更新完了!

大変お待たせいたしました。

ようやっと更新が終わりました。

PCサイトで見れる「お知らせ」に一覧を並べております。

放心状態でバーッと書いたので順番は適当です。

お時間あるときにゆっくりご覧いただけますと嬉しいです。

 

2024-01-27 01:03:32

コメント(0)

準備中

現在新しい豆の登録を進めています。

なんとか月末までには終わらせたいのですが…

なんやかんや単体は7種前後増加(入れ替わり含む)、これに伴いお買い得セットも増えます。

よろしくおねがいします。

2024-01-24 23:39:21

コメント(0)

政とコーヒー




国内外、年始から大変なニュースが多いですが、コーヒーについてもあまり良くない情報を入手しました。

https://www.msn.com/ja-jp/money/other/%E7%B4%85%E6%B5%B7%E3%81%AE%E5%95%86%E8%88%B9%E6%94%BB%E6%92%83-%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AB-%E4%BE%A1%E6%A0%BC%E4%B8%8A%E6%98%87%E3%81%A8%E8%BC%B8%E9%80%81%E9%81%85%E5%BB%B6%E3%81%A7/ar-AA1lNmqI

(Bioomburgの記事です)


端的に書くと、来年エチオピアのコーヒーが入港できないかもしれない、という話です。


また別ルートで、どうやらカリブ海のキューバも2024年は入ってこないという情報も入ってきました。


キューバは紅海と全く関係ありませんが、単純に価格高騰でし高過ぎて商社が買わなくなったという事情らしいです。

コーヒーの特定銘柄(例えばモカとかマンデリンとか)も色々ありますが、〇〇マウンテンという銘柄はキャッチーで注目を集めやすいです(という、個人的な印象があります)

キューバのコーヒーで、「クリスタルマウンテン」という特定銘柄があります。
これは〇〇マウンテンの中でも最高に響きが良いのですが、やはり高いのです。そしてコクが軽い。

キューバのお隣とまではいきませんが、近くの国に中米グアテマラという国があります。
日本人の味覚とグアテマラのコーヒーは相性が良いらしくこれは生産数と日本への輸出割合からも分かるのですが、グアテマラは程よいコクがあり決して軽いコーヒーとはいえません

こんな事情に価格高騰でさらに高くなってしまったのでは、さすがに部が悪いでしょう。
キューバの高級豆が入ってこなくなる事情も理解できます。

問題はこの状況がいつまで続くか、ということです。

結局我々コーヒー屋は海外情勢という超巨大な手のひらの上で転がされているちっぽけな存在です。

コーヒーが日本に入ってこなくなったら何をしようか考えないといけない、そんな未来は嫌ですね。

まあ、あくまで情報で確定的なものではありませんので、できるだけ外れるよう祈るばかりです。

2024-01-24 23:37:37

コメント(0)

本年もよろしくお願いいたします



本年初投稿です。もはや今更ですが今年もよろしくお願いいたします。

ロクにブログが更新できません。
現在23時過ぎ、新商品の登録作業をしつつ、執筆しています。

といっても、実は本文は4日前の歯医者の待ち時間に書いており今はほぼ推敲だけなのですが。

今欲しいものは、翼ではなくもう一人の私ですね。

とはいえ今年は何とかしたいと思っています。ブログは一度システムにアクセスしなければならないところが手間ですねぇ。

手間といえばお店で困るのが小銭の管理です。

一昔前はまだ銀行に持って行く手間だけで済んでいたのが、最近は硬貨手数料という名目で預金するにも金を取られます。
ゆうちょの場合、50枚で110円。1円玉50枚預けようとすると逆に金かかります。

一方金利は年0.001%、これは単純計算で100万預けて10円利息がつくことになりますが、税金が引かれて9円になるそうです。
理不尽極まりないと思いますね本当に。


当店の場合大体100円玉が大量発生するケースが多いので、面倒くさい過程を経て何とか手数料がかからないようにしていますが、正直失う時間と天秤にかけると最近は時間の方が大事に思えてきました。

そんな小銭ですが、実はプライベートでも子供の頃から細々と貯金してきた大量の小銭を所持していました。

上記のようにもはや貯金というか文鎮みたいになってたのですが、ここにきて行政が粋な計らいをしてくれました。
なんと小銭を市限定で使える電子マネーに無料で変えたくれるというのです。


どうせこの先文鎮としてしか使い道がない小銭が使えるマネーに変わるのはとてもありがたい!

というわけで早速手続きしてきました、、小銭貯金増額は1万円弱、そのうち旧500円玉が1枚入っていたので換金額は9500円弱となりました。

そういえば会場には大きなクーラーボックスに小銭満載という方もおられてメディアの取材を受けていましたが、どう見ても入金限度額(10万円)を超えています。
何でもやり過ぎは良くないという、いい事例となるでしょう。

私の旧五百円はコンビニでも使おうと思います。

 

2024-01-24 23:25:44

コメント(0)

ドリップの妙味




今年もあと少しですね。なんやかんやあっという間に時間が過ぎていきます。

最近お客様からこんな質問をいただきました。

「美味しい珈琲がなんなのか、コーヒーを淹れすぎて正解が分からなくなりました。どんなのが正解ですか?」

本当によく分かります。しかし結局「自分が美味しいと思ったものが正解ですよ」としか言いようがりません。

例えば「赤」という色も色々あります。原色の赤、ワインレッド、これは最近「バーガンディ」なんて言われ方もしますね。

色々な赤を並べて「どの赤が一番いいのか?」と問われても正解が人それぞれ違うのと同じです。


ただし、コーヒーの場合は「美味しく感じやすい淹れ方の一般論」がありますので、そこを外さないのは大事。

・100℃の沸騰したお湯をそのまま粉にかけない

・粉の粗さは細過ぎず、また粗すぎず。粒の大きさをできるだけ揃える

・粉の重量、抽出するコーヒーの量を均一化する。濃かったら粉を減らす、薄かったら粉を増やす。

・お湯は「粉の層を崩さないよう」丁寧に注ぐ。ドバーッと注がない


この原則を守りつつ、抽出時は更に以下のことも気を付けます。

・注ぐ一湯目(蒸らし)、「ドリッパーの形状を踏まえて」粉全体にお湯がかかるようにする。

円錐形、台形色々な形がありますし深さも違います。注いだ時に下にお湯が流れる状態をイメージすることが大事です。

・二湯目、中心部にゆっくり注ぎ、コーヒーが適下して来たらゆっくり回転させながら注ぐ。この時大きく円を書きすぎない

注がれたお湯は下に移動しますが、横方向にも浸透していきます。外部に注ぎすぎるとお湯がドリッパーのフチを伝ってしまい水っぽくなります。

・三湯目以降は、遅すぎず早すぎず、雑味が出ないようにスムーズに注いでいきます。

ここがいちがんの悩みどころかもしれません。遅すぎると濃い+雑味が出やすい、速すぎると薄く水っぽくなります。

ひとりひとりに美味しいの正解があり、これを見つけるのがドリップの妙味です。


 

2023-11-22 13:29:39

コメント(0)

横綱マルシェ出店を終えて

(少し編集しています。下記より)


庵初の香美市外イベント参加…

とても楽しく時間を過ごさせていただきました里山と海辺の違いはあるもの、お客様や出店者の皆様の暖かさは同じですね。


朝5時起きで準備という大変はありますが、それ以上の喜びを得られました。お誘いいただき誠にありがとうございました!朝決めば、今朝店に向かう道中の温度計…なんと6℃やったんですよ。

もう冬やん…こらぁホットがバンバン出るやろなぁガハハ!!と早朝特有の意味不明なハイテンションで車中で一人爆笑してたのですが、いさ日中となるとグングン気温が上がって暑い!とにかく暑い!!


なんやこのわけわかんない気温差は…冬の気温から夏の気温に変化するとか言う嫌がらせやめてもらっていいですか。 アイスコーヒー?ありませんよそんなもん(ヤケクソ)というわけで、アイスコーヒーのオーダーいただきましたお客様には大変申し訳ございませんでした。

私、エスパーやないので無理です(白目) …という面もありましたが、天気も良くなりました最高のマルシェ日和でした。


マルシェ終了後、今後も繋がるビッグイベントありましたが、こちらは少し先に出させていただきます乞うご期待!

2023-10-31 15:44:59

コメント(0)

香北星空劇場イベント出店を終えて

(少し編集しています。下記から)

 コロナ禍もあり数年ぶりの開催ということでしたが、自分が想定していた以上に大盛り上がりのイベントでした!

また主催者の方から今回のイベントの裏事情を伺ったのですが、本当に感動しました。
色々な人、企業の見えない強力な力があるということ。

ネットで日本オワコンとか言ってる有名人もいますが、決してそんなことないと思いますね。
現場でこの感覚を実感できたことは本当に幸せだと感じました。

コーヒーですが、今回のブレンドは3種ブレンド。ベースはインドネシアマンデリンでした。

屋外で主に夕方から夜にかけて、周りもガッツリ食事系のブースが出店されていることから敢えて個性強めの豆を選択我ながら良い判断だったと思います笑 また今回初めて!

やかんやドリッパー等を持参して会場で抽出しました! 使ったドリッパーはメリタ(1×4)、普段ネルドリップなのでどうなるか不安でしたが流石メリタ!いい感じで淹れれたと思います。

最後に関係者の皆様、この度は本当にお疲れ様でした。 またこの度の素晴らしいイベントに参加させていただき、誠にありがとうございました! 

2023-10-31 15:42:12

コメント(0)

久々の更新となりました

気づけば今年も残すところあと2ヵ月…





気づけば今年もあと少し…


サボりっぱなしのブログですが、今後はSNSでアップした記事をこちらにもアップすることで少しでも回転数を上げていこうと思います。


SNSをご覧いただいている方には内容重複しますが、見てないよ!という方ははぜひチェックをお願いいたします。

2023-10-31 15:38:06

コメント(0)

ピーチ&ライチという豆について

販売開始から約1ヶ月経過、高いけど美味い、他と一線を画する豆です。


名前からして「これコーヒーなの?」と聞かれることも多いのですが、コーヒーです。ピーチ&ライチは香りからとってます。





収穫されたコーヒ―チェリーはそのまま種(以下コーヒー豆、豆)を取り出されるのではなく、ある過程を経た後で豆が取り出されます。


この過程を精製と言い、上記の写真は「ナチュラル(非水洗式)」と呼ばれる過程の一枚です。収穫したチェリーを天日乾燥させ、その後実から豆を取り出す昔ながらのやり方です。


この過程は水資源に乏しい国でもできるというメリットもありますが、逆に水(大雨)に悩まされるインドネシアでは「スマトラ式」という
独特の方で精製されていますし、水をふんだんに使う「ウォッシュド(水洗式)」やナチュラルとウォッシュドの中間である「フリイウォッシュド」なんてのもあります。


前置きが長くなりましたが、今回ご紹介する「ピーチ&ライチspecial」は、コロンビアでウォッシュド精製により生み出された豆です。


他と一線を画す理由は、その特殊な精製方法にあります。それが「ダブルアナエロビック・ファーメンテーション」という長い名前のものです。


下線部が大事なのですが、「アナエロビック」とは日本語で書くと「嫌気性発酵」、といいます。

チェリーから種を取り出す過程の多くで「発酵」という手段が用いられていますが、「嫌気性」とは「酸素に触れさせない」という意味です。


これにダブルがかかっていますので、「二回も嫌気性発酵させましたよ」ということになります。ということは逆に、それだけ手間暇に金かけて作ってますよ、ともいえるのです。

これにより生み出される香りが「桃やライチ」という他とは一線を画すもので、お値段も同じく…なんですね。

より美味しく素晴らしいコーヒーを、という農園側の懸命な姿勢がうかがえます。


たまに聞かれるのが「インフューズドコーヒー」との違いですが、これは全く違います。

インフューズは英語でinfuse、注入するという意味です。なので直訳すると「注入されたコーヒー」となります。


何を注入するの?という話ですが、これは主に苺やパイナップル、パッションフルーツなどの果物やシナモンといったスパイス、
他にハーブなんかも?という話を聞いたことがあります。


発酵の過程にこれらを一緒に詰めることで、コーヒーに「別の何かの風味」を注入したものがインフューズドなのでこれも当然

これまでの一般的なコーヒーとは一線を画す風味ですが、コーヒーでないものを注入することについて賛否両論あるそうです。

一種の流行りみたいなものなので、数年後まだあるかどうかは分からないですね。


というわけで、高いが美味い!他のコーヒーと一線を画す純コーヒー「ピーチ&ライチspecial」のご紹介でした。

ご購入はこちらからどうぞ!
コロンビア ピーチ&ライチ special ダブルアナエロビック 200g

 

2023-08-22 11:32:44

コメント(0)

高知中央高校、甲子園1回戦突破おめでとう!!

めでたい!本当にめでたい!このまま突き進んでください!!


どうもお久しぶりです。7月投稿ゼロになってしまい反省しています。


甲子園とコーヒーと全く関係ない話ですが、私と関係がありまして少し書かせてもらいます。


読者の方にはご存知の方もおられるかと思いますが、私コーヒー屋になる前は学校の先生やってました。


学校卒業してすぐ、なんやかんや色々事情がありまして大学院に進学させてもらいつつ臨時の理科教員として

仕事を始めたのですが、その勤務先が高知中央高校だったのです。


その後また色々あって院を途中休学・1年で中退し、中央高校を離れ別の学校に行ったのですが、

初の勤務校ということもありとても印象深いおもいでとなっています。


どうかこのまま、突き進んで栄光をつかみとってください。応援しています!

 

2023-08-07 11:19:19

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

お問い合わせ

お問い合わせ先
焙煎香房・古具 庵
(バイセンコウボウ・コグ イオリ)

TEL 0887-52-8063

営業時間
月・水・木曜日 10:00~15:00(L.O.14:30)
火曜日 10:00~17:00(L.O.16:30)
土・日曜日、祝日 9:00~17:00(L.O.16:30)
定休日 金曜日

お問い合わせフォーム